KSセグメント ゼットツー KS-105z2(ks-105z2-s200)  4インチ | ダイヤモンドカッター専門店 ヒダカ

商品カテゴリー

ログイン

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0 円

お会計

お買い物の前に

ホーム > サイズ・大きさで選ぶ > 105mm(4インチ)

KSセグメント ゼットツー KS-105z2(ks-105z2-s200)  4インチ

3枚以上で送料無料

ブロック、コンクリート2次製品などの切断に最適。抜群の切れ味と、寿命(刃のもち)を最高レベルで両立。

ブロック・コンクリート・コンクリート2次製品(ヒューム管、U字溝)に対する抜群の切れ味と、寿命(刃のもち)を最高レベルで両立した、セグメントタイプのダイヤモンドカッターです。
ハンドタイプの電動工具・エアーカッターで使用可能。

ダイヤスペック

切断力 8
寿命・耐久性 10
仕上り 7

切れ味評価


ヒューム管 4
U字溝 4
硬質コンクリート 5
一般コンクリート 5
ブロック 5
一般レンガ 5
アスファルト 注:
ページ下部の「店長の声」をご覧ください
 

スペック詳細

湿乾タイプ 乾式 (湿式での使用も可能)
タイプ セグメントタイプ
外径 105mm (4インチ)
刃厚 2.2mm
内径 20mm(15mmへの変換リング付き)

※ 取り付け機械の内径をお確かめの上、ご注文ください。

乾式 湿式にも対応 105mm 電動工具対応 エアカッター対応 レーザー溶着 3枚以上送料無料(青)
商品名 KSセグメント ゼットツー KS-105z2(ks-105z2-s200)  4インチ
商品コード ks-105z2

ご希望の数量にチェックをいれてください。

セット枚数
1枚あたりの単価合計金額
1枚セット 7,344円(税抜:6,800 円) 7,344円(税抜:6,800 円)
2枚セット 7,344円(税抜:6,800 円) 14,688円(税抜:13,600 円)
3枚セット 6,264円(税抜:5,800 円) 18,792円(税抜:17,400 円)
5枚セット 5,832円(税抜:5,400 円) 29,160円(税抜:27,000 円)
10枚セット 5,400円(税抜:5,000 円) 54,000円(税抜:50,000 円)

商品詳細

商品の特徴

ここがスゴイ「切れ味」と「寿命」のバランスが、最もよいダイヤ

当店取扱商品の中で「切れ味」と「寿命」のバランスが、最も優れているセグメントタイプのダイヤモンドカッターです。


ここがスゴイブロック・コンクリート製品の切断に最適

ブロック・コンクリート製品に対する抜群の切れ味と、寿命を最高レベルで両立した、基盤に大きく切れ込みが入っているセグメントタイプのダイヤモンドカッターです。切れ込みから切り粉を効率的に逃がし、ダイヤの冷却効果が非常に高く、切れ味が良いダイヤモンドカッターです。水を使用しなくても、良好な切れ味を保ちます。


ここがスゴイ安全設計で安心

刃先をレーザー溶着し、様々な条件に耐える基盤強度の強い商品を実現しました。基盤と刃先が一体化するため、刃先(チップ)が飛びにくい構造です。エンジンカッター・電動工具・エアー工具どちらでも十分に性能を発揮します。


店長の声

店長の声

【アスファルト切断用ダイヤをお探しのお客様へ】

通常、アスファルト路面は、湿式の道路用カッター(道路専用カッター)で切断します。

道路用カッターには、10インチ以上の径の大きいダイヤモンドブレードを取り付けます。
(弊社で販売している、湿式道路カッター用ブレードはこちら→アスファルト専用SA/アスファルトコンクリート兼用NSR



しかし、当店にはまれに「ハンドタイプの機械でアスファルトを切りたいが、どのダイヤがよいか。」というお問い合わせをいただくことがあります。


イレギュラーなケースですので、切れ味評価には掲載しておりませんが、道路カッター以外のマシンにダイヤを取り付けてアスファルト切断するお客様には、当店ではこちらの「KSセグメント ゼットツー」のご案内をしております。

-------------------
アスファルトは、実は軟らかいのでどのタイプのダイヤでも基本は大変よく切れます。
しかし、よく切れすぎて逆にダイヤの寿命が極端に短くなりコストパフォーマンスが悪くなってしまいます。
Z2は、高寿命設計なので他商品よりは比較的刃のもちがよいです。(しかしアスファルト切断用の商品ではありませんので、コンクリートなどを切断した場合と比較すると刃の減りは早くなります。)



注:ハンドタイプ機械用の、アスファルト専用ダイヤモンドカッターの販売はしておりません。<各メーカーもほぼ同様です。>



この商品に対するレビュー

新規コメントを書き込む
このページのトップへ